菓子本舗とまつ
株式会社 外松
長野県飯田市松尾上溝3014-2 飯田卸団地
TEL (0265)22-2750(代)
FAX (0265)23-0030
[アクセスマップ]
   目次>社長あいさつ

社長あいさつ


信州のおいしさを全国へ、全国のおいしさを信州へ

東に南アルプス、西に中央アルプスに挟まれ、中央を天竜川が流れる自然豊かな南信州の中心都市「飯田」。城下町として栄えた当地には、産業、文化等の伝統が脈々と受け継がれておりますが、その一つが“お菓子”です。
外松は昭和7年(1932年)に飯田市で砂糖卸売業として創業し、地域の菓子産業への原料の供給から歴史をスタートいたしました。以後、菓子産業から食品産業へと対象を広げて原材料を販売すると共に、地域の小売業の皆様への菓子・食品を供給し、信州で生産されたお菓子を全国に向けて移出を行い、事業を拡大して参りました。平成28年(2016年)、長野県内の流通環境が大きく変化する中、事業の大幅な見直しを行い、創業から続く原材料卸事業、信州で生産された半生菓子の加工・移出事業、飲料の自動販売機事業に絞り込んで、新生外松として再出発いたしました。令和元年(2019年)には、地飴を製造していた地元企業の事業を引き継ぎ、新たな展開も始めました。

今、食品業界は大きな変化の中にあります。世界経済の減速、食糧需給バランスの変化、異常気象による農作物への影響、為替・原油・穀物相場の変動等の世界的な動きに加え、国内では人口減少と少子高齢化の進行、消費動向の変化、食品の安全・安心への責任の高まり、食品表示法、食品衛生法をはじめとする法律改正への対応、訪日外国人の増加等、多くの対応が求められております。また2027年にはリニア中央新幹線が開業し、飯田に駅ができ、三遠南信自動車道の開通も同時期に予定されて、当地域の大きな変化が予想されます。外松は、地域と全国から得られる情報を最大限に活用し、スピーディに的確な営業提案を行うと共に、オリジナルな新しいおいしさの開発とISO規格に基づく安全の追求を進め、「当たり前のことが普通にできる企業」になることを目指し、変化に対応してまいります。

お菓子は心を和ませ、楽しさや夢を創造し、心と体の元気を育てます。外松は、新しい食の夢を創造し、おいしさを通じて笑顔を広め、社会に貢献し続けます。今後も一層のご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 外松秀康




コンテンツのトップ 次のページ
会社概要
ホーム新着情報商品情報お客様の声業務案内採用情報リンク集お問合せ | プライバシーポリシー