菓子本舗とまつ
株式会社 外松
長野県飯田市松尾上溝3014-12 飯田卸団地
TEL (0265)22-2750(代)
FAX (0265)52-1110・
   (0265)23-0030
[アクセスマップ]
   目次>半生菓子の全国展開

信州の半生菓子を全国へ


信州 飯田の地場産業『半生菓子』

半生菓子とは生菓子の水分を30%以下におさえ、日持ちするようにしたお菓子です。半生菓子製造は飯田地域の地場産業として昔から盛んでした。現在、飯田地域と松本地域で、全国の半分近いシェアを持っています。
 1960年「栗しぐれ」のヒットで全国に知られるようになった飯田の半生菓子ですが、外松は積極的に営業展開し、飯田の半生菓子を全国にひろめました。現在、半生菓子は、国内はもとより海外にも流通しています。外松でも全国の得意先へ販売するとともに、海外にも輸出をしています。
 従来、中高年の女性に愛好されていた半生菓子は、コンビニエンスストアでも販売されるようになり、若い人たちの購入も増えています。最近では、若者をターゲットにした商品が開発・販売されるようになりました。飯田営業所では消費者や小売店のニーズに対応した商品や販売方法の企画、提案を行っています。



半生菓子の商品管理

安定した製品供給

半生菓子メーカーは在庫を持たない受注生産が多いため、全国の得意先へ安定的に製品を供給するための製造調整が大変重要な課題となっています。
 外松では半生菓子メーカーを中心にしたネットワークを構築し、正確な製造能力の把握、的確な需要予測と迅速な発注を行い、安定した製品供給に取り組んでいます。

品質管理の徹底

食品の安全・安心に対する消費者の目が厳しくなり、情報通信の発達により情報の伝達・拡散速度が飛躍的に早まる中で、食品表示法の施行をはじめとする新しい法律の制定や改正が行われ、順守が求められております。
 外松では、コンプライアンスの徹底を図り、法規制の改正に的確に対応すると共に、飯田営業所においてISO9001を取得し、顧客満足の向上を最終目標に、半生菓子メーカーの指導を含めて自社の包装工場での管理から営業、商品管理、商品開発に至るまで、品質管理の徹底を図っています。

迅速で効率的な物流体制

よりおいしいお菓子を求める消費者の嗜好にあわせ、半生菓子も水分が多く、生菓子に近い製品が増えています。
 鮮度が重視される水分の多い半生菓子ですが、外松では迅速で効率的な物流を実現しているため、鮮度の良い状態でお客様のお手元にお届けすることができます。




外松の自社製品開発

外松ブランド商品

外松では、以前より、登録商標である「伊那節」に代表される自社ブランド商品の開発に取り組んできました。
 最近では若い世代に対象を広げた新しい味とデザインの「スタンドパック」シリーズや、本物志向に対応した地域の柚子、りんご、市田柿を使った「ドライフルーツ」シリーズ、半生菓子に豆菓子や米菓を加えたミックス商品をはじめ、新しい半生菓子の企画・開発を展開しております。


商品開発

商品開発は、1990年から飯田営業所に設置した商品開発室で専任のスタッフが企画・開発を行い、地元の菓子メーカーに製造を委託しています。商品開発室では、市場ニーズの分析などをもとに独自の発想を行い、商品の構想から、販売価格、包装形態、売り場の演出を考慮したパッケージデザインまでトータルに商品を企画しています。
 開発商品は半生菓子に限らず、飴、干菓子、ドライフルーツなど幅広く、小売店で販売する商品から、観光関係などの特定のルートで販売する商品、通信販売向け商品等、多岐にわたっております。近年は、お得意様の要望に応えて相手先ブランドの商品開発も手掛けております。




前のページ
原材料
コンテンツのトップ 次のページ
その他の業務
ホーム新着情報商品情報お客様の声業務案内採用情報リンク集お問合せ | プライバシーポリシー