菓子本舗とまつ
株式会社 外松
長野県飯田市松尾上溝3014-2 飯田卸団地
TEL (0265)22-2750(代)
FAX (0265)23-0030
[アクセスマップ]
   目次>その他の業務

菓子・食品を多様な形での消費者へ


外松では、原材料と半生菓子の2本の幹を太くするだけでなく、新しい事業への取り組みも積極的に行っております。卸は流通の中間に位置しますが、外松では関連会社と連携して、メーカーと消費者へ近づく取り組みを研究し、取り組みを行っております。


飲料自販機事業

現在、様々な場所に自動販売機が設置されています。外松では、ダイドードリンコ、キリンビバレッジの飲料の自動販売機を取扱い、伊那谷と木曽谷で、設置から機械の管理、商品の供給まで行っております。

自動販売機を定期的に巡回し、携帯用コンピュータで販売状況を確認し、設置場所に適した商品構成、補充必要数を把握し、最大の売上と最小のロスを追及します。更に、きれいな自動販売機は、売上を上げる大きな要素で、清掃も大切な業務です。
 また、南信州宅配システムでは、牛乳の自動販売機を手掛けております。



通信販売事業

2007年11月に『信州菓子本舗とまつ』の名称でネットショップを開設し、通信販売をスタートしました。南信州飯田で製造される飴菓子、焼き菓子、半生菓子に、飯田下伊那地域の農産加工商品を加えて、販売しております。
 2018年には、飴に特化した「信州飴本舗」のサイトを開設しました。プチギフトや引菓子の需要を狙って、信州に関連する原材料を使用した飴と伝統的な飴を、食感やパッケージにもこだわって展開しております。
 また、消費者の皆様への販売(BtoC)だけでなく、事業者向け(BtoB)のご注文も増えてきました。OEMのご要望にもお応えしております。

 通信販売事業は広域営業課が担当し、今後、サイトを充実し、SNSも活用して、ネットショップを多くのお客様に知っていただき、外松の新しい柱に育てていきます。



宅配事業

2000年に、襯僖譽奪箸砲董∪祕乳業の牛乳の宅配を手掛けました。しかし、直後に連続して起きた雪印グループの事件の影響でストップ状態となってしまいましたが、2007年に八ヶ岳乳業の協力を得て、再挑戦を始めました。雪印メグミルクと八ヶ岳乳業の牛乳、健康飲料、ヨーグルト類を中心に、2013年からは森永乳業を加えて、北は飯島町から南は阿南町、西は阿智村までの飯田下伊那エリアを中心にお届けしております。2015年には事業を、子会社の螢灰△飽楷匹掘更に2020年11月からは螻鮎召飽楾圓靴泙靴拭「南信州宅配システム」の事業名称で営業しております。

当面の課題は、宅配先の拡大ですが、高齢化と人口減少が進む現代にあって、直接消費者のお宅に商品をお届けできる機能を最大限生かし、取扱商品を拡充して、地域の皆様のお役に立って参りたいと考えております。



地飴製造事業

飯田では、半生菓子以外のお菓子も生産されています。その中の一つに地飴があります。業界では、昔ながらの製法による飴を“地飴じあめ”と呼んでおり、職人の手造りにより“白はっか”をはじめ、“ニッキ”、“茶玉”、“黒玉”、“きなこ玉”、“べっこう”など、多くの種類の飴が製造されております。過去には複数の企業で製造しておりましたが、2019年に1社だけ残った企業より廃業の申し出がありました。一方、外松では、地飴を“伊那節”や“味の信州”のブランドで長年販売し、近年では、販路を全国に広げると共に、各地の特産物を利用するなどしたOEM製品の受託も行って参りました。得意先からの製造継続の要望も強く、特色ある飴を何とか残したいと考え、事業を承継することを決定し、2019年7月より生産を開始しました。工場名は旧会社の名前をお借りして「株式会社外松 日本薬仙堂」としました。

外松の地飴の特色は、引き飴にあります。ハードキャンディと異なり、お口に含むとサクサクと食べることができ、ほろほろと溶けていく食感にあります。昔ながらの飴に加えて、地元産のりんご、ブルーベリー、トマト、味噌、お茶などの素材を使用した飴も作っています。OEMの受託では、さらに幅の広い製品を製造しております。
2021年5月には、改正食品衛生法に対応し、TBT−HACCPの認証を取得いたしました。安全安心を保証する中で、伝統の美味しさと新しい美味しさの飴をご提供して参ります。




前のページ
半生菓子
コンテンツのトップ
ホーム新着情報商品情報お客様の声業務案内採用情報リンク集お問合せ | プライバシーポリシー