菓子本舗とまつ
株式会社 外松
長野県飯田市松尾上溝3014-12 飯田卸団地
TEL (0265)22-2750(代)
FAX (0265)52-1110・
   (0265)23-0030
[アクセスマップ]
   目次外松の歩み>2000〜2004年

外松の歩み


2000 年 (有)パレットにて雪印乳業の宅配事業を開始
牛乳の宅配に対する需要が広がり、収益性も見込めることから、かねてより雪印乳業から取組みを求められていた。ただ、通常の卸事業との連携の問題から踏み出してこなかったが、雪印乳業にとって下伊那北部と飯田市の北部のみが空白地帯となっており、競合メーカーの動きが出始めたことから、再度の強い要請を受け、襯僖譽奪箸鮴瀘して宅配事業を1月より開始した。
しかし、直後に雪印乳業の食中毒事件が発生し、その後の雪印食品の偽装事件と、事業が実質的に中断することになり、苦労することとなる。
2001 年 飯田営業所にてISO9001の認証取得
自社ブランドに加え、小売業のプライベートブランドの受託も増える中で、半生メーカーを含めた品質管理の強化が求められていた。その対応として、包装加工設備を持ち、県外の移出拠点である飯田営業所にて、品質保証の国際規格である"ISO9001"の認証取得に取組み、1年の準備期間を経て取得することができた。品質管理責任者には牧島常務(当時)を任命した。
2001 年 飯田営業所に新包装機を導入
CVSの顧客層の拡大を目的として半生菓子を導入することとなり、その対応のために新包装機ボックスモーションを導入した。この包装機により、包装可能な商品形態が拡大し、以後の商品企画の幅が広がった。
2002 年 創業70周年・設立50周年感謝の会を開催
創業70周年・設立50周年感謝の会 節目の年に当り、社員と家族の皆さんに、元役員、定年までお勤めいただいた元社員の皆さんを加えて、マリエール飯田にて「感謝の会」を開催した。70年を振り返ると共に、社内募集した新しいロゴマークも発表した。会の中では飯田市出身の歌手・小澤亜希子さんの歌謡ショーや大抽選会を行い、楽しい一時を過ごすことができた。
2002 年 富士通PRIMERGY6000をホストとする新全社システムを導入

2002 年 東北信営業所開設
上田営業所に長野営業所を統合して、東北信営業所として開設した。菓子・食品と原料部門に、CVSのアイス対応を加えた大所帯となったが、菓子・食品は松本から、原料は現地から、アイスは営業冷蔵庫を借りて物流を行った。
2003 年 創業70周年・設立50周年記念式典を開催
創業70周年・設立50周年記念講演会 11月8日に飯田市シルクホテルに於いて創業70周年・設立50周年事業を挙行した。記念事業として、ユニー蠡緝充萃役社長佐々木孝治様(当時)により「ユニーグループの現状と今後」という演題でご講演をいただき、その後祝賀会を開催した。螢ラヤ赤羽会長様、東洋精糖蠹邉社長様、明治製菓蟷蓋専務様からご祝辞を賜り、八十二銀行芦田支店長の乾杯で祝宴に移り、会久保田会長のご指名で飯田信用金庫土屋理事長のご発声で中締めを行った。多くの仕入先の皆様にご出席いただき、盛会に開催することができた。
2003 年 外松淳“旭日双光章”授章
代表取締役会長外松淳に対して、長野県菓子卸商業組合の理事長を長年務めた功績により、旭日双光章が授与された。夫人を同行して農林水産省に出向き勲章を拝受し、皇居を訪問し天皇陛下よりのお言葉を受けた。
翌年、長野県菓子卸商業組合による祝賀会が、諏訪市の浜の湯で催された。
2004 年 松本物流センター拡張移転
松本倉庫より、再開発の為に松本物流センターの立ち退きを求められた。当時、菓子・食品卸業界の中で、物流のアウトソーシングの流れが広がって来ており、当社としても可能性を探っていた処、阿南自動車蠅判笋蟾腓ぁ⊃靴靴し舛任琉榲召鮃圓辰拭E初は、松本支店内の既設の建物の一画に於いて、その後、隣地に建設された1,000坪の倉庫を使って、入荷〜配送まで物流業務を全て委託し、売上に応じた手数料を支払う形態を取った。
以後、本社で行っていた全県を対象とする物流について、順次松本物流センターへの移行を進めたが、CVSの物流を移行するに当って、無線LANのハンディターミナルを用いた新物流システムTOMLOSを導入した。同システムは、その後本社へも導入された。

創業〜1951年1952〜1961年1962〜1970年1971〜1984年1985〜1992年1993〜1999年
2000〜2004年2005〜2009年2010年〜現在
前のページ
社長あいさつ
コンテンツのトップ 次のページ
会社概要
ホーム新着情報商品情報お客様の声業務案内採用情報リンク集お問合せ | プライバシーポリシー